キャンバスを貼る手順・再生の手順

キャンバスを張る手順

(1)
mat_504231_fremat_maze_02.jpg
張りたいサイズに張りしろ(縦横各6〜8cm位)を加えて裁断したキャンバス地と木枠を用意します。木枠はゆるみのないよう、直角になるよう組み立てます。(三角定規で確かめてください。)
mat_504231_fremat_maze_02.jpg
木枠は表面になる方が斜めになっています。裏返しに張ると画面に木枠の段がでてしまいます。
(2)
mat_504231_fremat_maze_02.jpg

最初に4辺の中心にタックスを打ち、キャンバス表面にひし形の力によるしわを作ります。この時点でしわが伸びにくければ四隅を仮止めします。

(3)
mat_504231_fremat_maze_02.jpg

最初のタックスから約3〜5cmの間隔で内側から対角線上にタックスを打っていきます。次第にひし形のしわが伸びるように張ります。

キャンバスを張る手順(裏張り)

(1)
canvas_urabari_01.jpg

木枠は表面が斜めです、表裏を逆に張ると画面に木枠の段が出るので注意が必要です。裏張りにはフローティングキャンバス用の木枠をお勧めします。

(2)
canvas_urabari_02.jpg

木枠の角を三角定規で直角か確かめ、キャンバスを折りしろ 7〜8cm程見込みカットします。キャンバスの四隅は折り畳んで重なるため、余分な箇所をアーチ状にカットします。

(3)
canvas_urabari_03.jpg

初めは、画面の中央に菱形の縞を作るように四辺の中心①〜④の順にタックスを打ちます。左図のように張器のツノをしっかりと木枠に掛けて画布を引きます。

(4)
canvas_urabari_04.jpg

中央の縞が消えるように四隅に向かって張器で引っ張り、図⑤〜⑳の順に打ちます。四隅は折り畳んだ端が木枠の端に沿うように折り込み、

キャンバス再生の手順

(1)
brush_108101_cata_w01.jpg

再生したいキャンバスの上に、ネオホルベックスを筆やナイフで厚く塗ります。

brush_108102_cata_w02.jpg

乾燥を防ぐために水で湿らせた布をかぶせ、3〜10分間放置します。

brush_108103_cata_w03.jpg

浮いてきた絵具をパレットナイフやキャンバススクレパーで掻き取ります。ぬぐった絵具は古新聞などに取って処分します。一度で除去できないときは何回かに分けて除去します。

(2)
canvas_saisei2.jpg

除去後は画面にワックス分が残るので、ペトロールで拭いて十分乾燥させます。

(3)
canvas_saisei3.jpg

目止め部分まで除去しないでも、平滑な状態で描画可能と判断できればある程度残った絵具の表面に軽くサンドペーパーをかけて、下地塗料を塗れば固着力が増します。

(4)
canvas_saisei4.jpg

下地塗料を目的と好みによって塗って乾燥させれば完成です。ローラーを使用して塗布する場合は、表面に絵具の毛羽立ちが出来やすいので、刷毛で滑らかにします。

カテゴリーから選ぶ

2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
赤い日付は定休日です。
御注文・お問い合わせの受付、商品の発送は翌営業日以降になります。


〈ギフト対応について〉
本オンラインショップでは、商品のラッピングサービスは承っておりません。何卒ご了承ください。