水彩の表現やテクニックには軟毛の丸筆が活躍します。天然毛の弾力や描感を持ったリセーブル(特殊合成繊維毛)は絵具含みがよく、しなやかな描き味です。



ラインアップ

Tips 下絵の描き方

.皀繊璽佞伴分の位置関係

モチーフのどの部分が自分に近く、どの部分が自分から遠いのかを把握します。これにより手前と奥を意識して描き方を変えることができ、立体感を出しやすくなります。


光がどこから当たっているか

部屋の電気や窓からの光をよく見て、その中の最も強い光源を見つけましょう。光源がわかりにくい場合は、モチーフから落ちる影を見て、一番濃く落ちている影の元となっている光に設定します。


K榿屬了罎暴颪前に

一度、別の紙に簡単にクロッキーをしましょう。
対象物の形を大まかに描き、△之茲瓩晋の方向を考えて、暗いところを黒く塗ってみます。このようにクロッキーをしておくことで、「こちらは明るいから暗いところから塗ろう」などあらかじめ描く順番を整理することができます。


クロッキーとは?
モチーフの印象を短時間で写し取ることです。単純な線で、大まかな形と特徴を描きます。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [110] 商品中 [1-110] 商品を表示しています

全 [110] 商品中 [1-110] 商品を表示しています

カテゴリーから選ぶ

2023年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2023年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
赤い日付は定休日です。
御注文・お問い合わせの受付、商品の発送は翌営業日以降になります。


〈ギフト対応について〉
本オンラインショップでは、商品のラッピングサービスは承っておりません。何卒ご了承ください。